赤信号

ショートホラーマンガ「赤信号」アイキャッチ画像
スポンサーリンク

ショートホラーマンガ「赤信号」01 ショートホラーマンガ「赤信号」02 ショートホラーマンガ「赤信号」03 ショートホラーマンガ「赤信号」04

 

理不尽すぎる…

 

ショートホラーマンガ「赤信号」
後記

 

某県婆部宮市には城跡があり、付近の道路では落ち武者の霊が目撃されている。

赤のまま変わらない信号機を5分以上待ち、確認をしに信号機の下へ行くと…

斬首された落ち武者の霊が現れ、自身も打ち首にされてしまうという。

 

今回の話はもちろん創作ですが、心霊スポットで有名な「八王子城跡」にまつわる怪談を元に描いてみました。

 

信号機には屋根付きタイプと、フラットタイプがあるのですが、話の都合上、フラットタイプを採用させて頂きました。

屋根があったら、ライトに血が滴ることはなくなってしまうので。

 

あと、赤い血で緑や黄色の信号のライトが赤く見えるのか?

と言われると、たぶんそれはないと思います。光の三原色的に。

黄色の上に赤は、赤っぽくなるけども、緑の上に赤は茶色っぽくなるからです。

しかし、落ち武者の霊から流れる血は、霊的な血液なので赤く見える

…ということにしておきましょうか。

 

そもそも、切断された首からあんなに大量の血液はでないはずです。

とセルフつっこみはこの辺にしておきましょう。

 

スポンサーリンク

八王子城跡の怪談

戦国時代、北条家は八王子城の城主であった。

しかし、豊臣勢との戦にやぶれた北条家は、女子供まで御守殿近くの滝にて、自害、斬首、割腹し、滝壺に身を投げ出したという。

その滝に繋がる川は、三日間、血で赤く染まったといわれている。

無念のうちに死んでいった者達の霊が、現代になっても現れ、城跡に訪れる人々にたびたび目撃されている。

特に滝壺付近や、近くの道路の電話ボックスで女の霊が目撃されているようです。

落城の日(8月10日前後)には、川が赤く染まったことに由来し、赤飯を炊いて死者を供養する習慣が今尚続いているという。

 

実際に八王子城跡に行ってみた

大した話ではございませんが。

20代前半の頃でしょうか、バンドのライブの帰り道に、八王子城跡までメンバーと車で行ってみました。

なぜか車内に置いておいたビデオテープが、パッと消えて失くなったしまったのです。

 

おいおいどこいったんだよ…と皆で探したのですが、まったく見つからない。

諦めてそのまま八王子城の滝まで行ってみたけど、結局、幽霊も何も現れませんでした。

たぶん八王子城跡の幽霊たちは、僕らの失くしたビデオを視聴していたからなのかも…しれません。

 

何のビデオだって?

僕らのバンドの糞のようなライブ演奏の映像です。

お客さんは一人もいない上に、緊張して演奏がボロクソだという。

ひどすぎて幽霊も「こいつらしょーもな」と、呆れてしまったに違いありません。

 

道は真っ暗で、夜中に行くのは非常に危険でした。

これから八王子城跡にチャレンジしてみたいという方、くれぐれも気をつけて下さい。

日中はのどかで良いところです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました