嗤う女

スポンサーリンク

ホラー漫画_嗤う女_01 ホラー漫画_嗤う女_02 ホラー漫画_嗤う女_03 ホラー漫画_嗤う女_04

 

▶次を読む【ショートホラー漫画】大正箪笥①

◀前回を読む

 

 

たぶん大正時代のお話でした。

Netflixで鬼滅の刃を観て、何となく大正時代風のものを描きたくなっただけ…な気がする。

 

ちょっと意味が分かりにくいオチとなっていますが、意味が分かると怖い漫画(わかりにくいものを描いた作者のいいわけ)ということにしてきましょう…!

 

スポンサーリンク

「嗤う女」元ネタ

小泉八雲「小泉八雲集」

おたまというのは、小泉八雲の「小泉八雲集」に出てくる大正時代に実在した女性です。

この本に、葬式から戻ってきたおたまが、にやにやと笑いながら小泉八雲に骨壺を見せつけてきて、その中に焼け残った歯が見えた…というエピソードが記されていました。

これは今回の話のモチーフに(パクリ)させて頂きました。

「おたま」って、名前がかわいらしく、面白くてなんだか好きです。

小泉八雲集 (新潮文庫) | 八雲, 小泉, 和夫, 上田 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで八雲, 小泉, 和夫, 上田の小泉八雲集 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。八雲, 小泉, 和夫, 上田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また小泉八雲集 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

漫画執筆中の怪異

郷内心瞳「拝み屋怪談 禁忌を書く」

twitterにも書きましたが、今回の漫画「嗤う女」を描いていた時、通勤電車の中で郷内心瞳先生(拝み屋・怪談作家)の「拝み屋怪談 禁忌を書く」(角川ホラー文庫)をたまたま読んでいました。

その話の中に、偶然にも「嗤う女」という、まさに今描いている漫画とまったく同じタイトルの怪談が目に入ってきました。

 

話の内容としては、

ある日、郷内氏の読者の女性から電話がかかって来て、やがてその女性がもたらす禍(わざわい)に悩まされるという実話を基にした怪談です。

そしてその内容がとてつもなく恐ろしい!

 

この偶然はたまたまではなく、何かのメッセージでは?

自分の身にもこんな厄が降りかかるのでは!?

 

…と心配になり、「今すぐこんな漫画描くのをやめよう!!!!」と一瞬本気で考えてしまいました。

でもそんなこと気にせず、最後までちゃんと描きましたよ。

 

その結果、左肩胛骨がきしむような謎の痛みに襲われ、2日間ほど苦痛に耐えながら過ごしました。

 

 

たぶんこの関節痛の原因は、自宅でイスに座って映画を観ている時、なぜか体の向きを斜めにした姿勢で視聴したから説が濃厚ですが。

ななめ視聴

変な姿勢での視聴はやめましょう。

僕のように悪霊に関節を極められる可能性がありますよ。

 

それにしてもしかし、狂ったように笑う女ってやっぱり怖いですね。

拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫) | 郷内 心瞳 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで郷内 心瞳の拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。郷内 心瞳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

 

高田じゆ

高田じゆの糞恐ショートホラー漫画ブログ。
創作・実話怪談漫画を描いています。

★お仕事のご相談はメニューのお問い合わせフォーム、またはtwitterのDMでお待ちしております★

ホラー映画感想ブログも運営しています!

高田じゆをフォローする
ショートホラー漫画
スポンサーリンク
二黒

コメント

タイトルとURLをコピーしました