予言

ホラー漫画「予言」タイトル
スポンサーリンク

ホラー漫画「予言」01 ホラー漫画「予言」02 ホラー漫画「予言」03

 

あれから20数年。

家でホラー漫画とか描いているヤバイ奴になってしまいました。

一体何がどうなってこうなったのか。

私は運命を捻じ曲げてしまったのだろうか。

 

ギャルにモテなくても、ホラー漫画ライフも楽しいぞー

ぞー……

ぞー……

 

実話談漫画「予言」

今回出てくるお姉さんは前回の「ピアノ」お姉さんです。

霊感の強いK君のお姉さんと初めてお会いしたのは、確か…中学生だったか高校一年生くらいの頃だったような。

 

ある日K君の家の前にいたら、とつぜんK君が「姉ちゃん帰ってきてるよ」と言いだし、頼んでもいないのに僕は未来を予言されることになったのです。

結果的に、死期を予言されることはなかったので一安心。

予言されて死んだりしたらたまったものじゃない。

それ以来、あのお姉さんとはお会いした記憶がない。

今もどこかで霊障に悩まされ、予言しまくっているのだろうか…。

 

スポンサーリンク

怖い話におけるタブー

実は、このお姉さんの話はタブーになっていて、K君の前でこれ系の話題を出すのは完全NGなのです。

学生の頃は震えながら怪談話をしてくれたK君も、大人になってからは一切話してくれなくなりました。

なぜかというと、僕がしつこく「怖い体験談を教えて!」と言うくせに、

聞いたあと、

 

「え?その話本当なの?

ウソでしょ?ウソなんでしょ?」

 

と、話を疑う言葉返しを乱発したせいでK君は怒ってしまい、関係は疎遠になってしまったのです。

それが原因なのかはわからないけど、ほとんど会う事はなくなりました。

 

しかし、僕は学びました。

 

怖い話をしてくれた人に対して、「その話、本当なの?」は絶対に言ってはいけないことなのだと…。

 

今回はK君の許可を得ずにお姉さんの話を描いてしまったが…

まあきっと大丈夫でしょう。

 

ダメだったら僕はとっくに呪い殺されていますからね。

 

バレるなよ〜…バレるなよ〜……

 

おわりに

さて。今回の話に出てくる霊感お姉さんに関しては、前回の「ピアノ」を読んでからの方がいいかもしれません。

未読の方は是非どうぞ。↓

ピアノ
恐怖度★★★★☆ 霊感の強い姉を持つ友人から聞いた怪談マンガです。この話を聞いた当時は高校生でした。本当に怖かった。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました