長頭女

ショートホラー漫画「長頭女」アイキャッチ画像
スポンサーリンク

ショートホラー漫画「長頭女」01 ショートホラー漫画「長頭女」02 ショートホラー漫画「長頭女」03 ショートホラー漫画「長頭女」04

 

生前は、変顔が大好きな女性だったのかもしれない…

 

 

実話談漫画「長頭女」
執筆後記

今回の話も、僕の友人K君から、高校生の時に聞いた話です。

K君の実家では、度々こういった恐ろしい出来事が頻発していたらしく、鳥肌を立てて震えながら僕に語ってくれたのを覚えています。

もちろん、この話を聞いていた僕も、全身から変な汗が出ていました。

なぜならば、この話をK君の実家で聞いていたからです。

 

今思えば、ただの罰ゲームですやん。

 

 

スポンサーリンク

K君の恐ろしい心霊体験談「長頭女」

小学生の時、K君は原因不明の熱をよくだして、学校を休んでいました。

その日も高熱で寝込んでしまい、一人部屋の二段ベッド下段で寝ていたのです。

 

深夜に目が覚めてしまい、もう一度眠ろうにもなかなか眠れなくなってしまった。

 

その時、嫌な予感がした。

 

K君は霊感が特別強いわけではないが、敏感に感じ取ることはできるのである。

 

K君「来てる…来てるよ…」

 

そう感じたK君は、ベッドの横を何気なく見てみたら、真っ白な服を着た女が立っていたのです。

 

K君「うわぁ!!」

 

全身に鳥肌がたち、大声を上げて両親のいる寝室へ逃げ込もうとしました。

その時、目の前にいる女の肩を、「ドン!」と強く押したと語っていました。

幽霊なのに触れるのか?と質問したところ、確実に触ったと言っていたのです。

その話を聞いていた僕は…

 

ジ「いやいや…うそでしょ?

K君「本当だって…」

ジ「ないわ〜…だって幽霊を物理的に触るとかありえんでしょ…」

K君「だから本当だって言ってるだろ!!!

 

ここでK君を怒らせてしまい、なだめるのに時間がかかってしまいました。

…さて、話に戻ろう。

 

 

K君は部屋から飛び出す瞬間、何となく後ろを振り返ってみた。

二段ベッドの下段にいた時は気づかなかったが、なんと女の頭が異様に長いことに気付いたそうである。

 

無事、両親の部屋に逃げ込んだK君は、大泣きして、両親の布団の中で一夜を過ごしたそうです。(両親最強説)

 

 

この話を聞いていた当時、K君の話の中で一番怖いかも!?と思ったのですが…

いざこうして漫画という形で起こしてみると、そうでも無いのかも…

どうでしょう?

怖かったですか?

 

 

K君の恐ろしい心霊体験談「ピアノ」

こちらは以前紹介した、K君の「ピアノ」という恐ろしい話です。

未読の方は是非一度お読み下さい。↓

ピアノ
恐怖度★★★★☆ 霊感の強い姉を持つ友人から聞いた怪談マンガです。この話を聞いた当時は高校生でした。本当に怖かった。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました