耳スタグラム

ホラー漫画_耳スタグラム_アイキャッチ
スポンサーリンク

ホラー漫画_耳スタグラム_01 ホラー漫画_耳スタグラム_02 ホラー漫画_耳スタグラム_03

 

他人の隠し撮りをした男の末路…

…というお話なのですが、案外似合ってていいじゃん。

 

耳ってよく見ると、メッチャ不気味な造形なんだよね。

人それぞれ全然形が違うし、うねうねしていて気持ち悪い!

 

心霊写真が好きな人は、自分の耳を撮影しまくってみるといい。

心霊より怖いものが写っているかもしれません…。

 

スポンサーリンク

盗撮をしてSNSに公開しようとした青年の末路

他人を隠し撮りして、SNSで勝手に公開する。

結果、自分に災いが降り落ちてくる。

悪いことはするもんじゃないですね…!

 

僕はインスタグラムはやっていませんし、全然詳しくないんですが…

流行に乗ろうとかってワケでもなく、何となく話の流れで、インスタみたいなSNSにハマってる青年の物語になってしまいました。

でも、インスタもそのうちすぐに「古ッ!」ってなるんでしょうね。

ミクシーなんてあんなに流行ってたのに、もはや化石状態だし。

 

SNSはドーパミン中毒者養成コンテンツ

フェイスブックの創始者も言っていたけど、SNSっていうのはドーパミンを分泌させて、SNS中毒になるように仕組まれているのです。

知り合いから通知が来たとか、誰誰に読まれたとか、他人の反応があったときにドーパミンが放出され、数分おきにスマホをチェックしてしまう…という仕組みです。

 

SNS中毒になると、当然、自分の時間が無くなります。

その時間を読書とか勉強に費やしたほうが、有益なのは分かっていてもやめられない。

 

過度のドーパミン放出で脳が疲労して、なんだか身体がだるい…疲れた…イライラする…というエネルギー切れ状態にもなりやすくなります。

疲れたから、刺激が欲しい、楽しいことがしたい…だからSNSをチェックしよう!

という負のループ!

これは覚せい剤や麻薬と同じ仕組です。

 

その仕組を理解している僕は、SNSをほとんどチェックしません。

 

…というのは強がりで。

 

そもそも僕の登録しているSNSは化石みたいなもので、ほとんど誰からも見られていないからドーパミンなんて出てこないのです。

 

あーはっはっは!!!(泣)

 

おかげさまでドーパミン中毒にならずに済んでいます!

出てくるのはドーパミンではなく、嬉し涙だけ。

 

やったね!!

 

 

…そんな話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました