2012 とある手帳マスターが語る

ほぼ日手帳 文具レビュー 高田ジューショクの記事

2012年はずっとほぼ日手帳オリジナルを使用していたぞ!!

 

 


スポンサーリンク

この手帳の汚れ具合、お分かり頂けるであろうか!?

 

下の黒い部分は汚れではなくわたくしの「股間」だ!!

股にはさんで撮影したのでウッカリ写ってしまったのだが、欲情は禁止だ!!

 

 

そうだ!

この汚れはほぼ1年間手帳を使い込んできた証なのだ!!

ほとんど全ページに何かしら書き込んだ結果なのである!!

 

そして年末になると、一年間書き込んだ内容を読み返すのがこれまた至高!楽しくて癖になること間違いなしだ!

 

前回のカズンで説明したように、毎日続けるコツを掴めばこの恩恵を受ける事ができる!

ほぼ日手帳カズン買った | JICOK

 

 

 

 

だがほぼ日手帳の使い方のコツを全て伝えたわけではない!

まだまだ使い続けるコツはあるのだ!

今回は神の左手悪魔の右手を持ちエンジェルの桃の様な左ヒップとデーモンのウニのような右ヒップを持つ、この手帳ルシファーことエンゼル髙田がそのうちの一つを紹介する!

 

 

 

 

この画像を見てすぐに気付いたあーたはIQ150以上のハーバード卒のエリートに違いない!

 

ほぼ日手帳と言えば一日一ページという日記帳のような感覚の手帳なのである。

がしかし、「日記」なんて三日坊主の代名詞のようなもの。

どうしても毎日書く事などできない。

特に几帳面な人間は、空いてしまった真っ白なページを見るとやる気(書く気)を失ってしまうものだ。

 

だが、律儀に一日一ページ全部埋める必要などないのである!!

 

空いてしまった部分は、○月○日と日付を入れ、思い付いた事を思い付いた時に書けばいいだけの話なのだ!

 

 

ポイントは日付の後に「タイトル」を入れる事だ!!

 

読み返す時にタイトルを読んですぐに識別できるので非常に便利!

且つ、タイトルは内容を書く時のテーマとなるので、頭が整理され書きやすくなるというメリットもある!

 

 

これはまだやった事はないが、一年間書いた内容を別のノートやPCにジャンル別にまとめる作業を行う場合、このタイトルがその存在感を増すのである!

更に、内容によって色別にしておけば区別もつけやすくなるであろう!

 

 

単純ながらも、こうした工夫を自分で編み出してゆくのが、手帳を続けてゆく一つのポイントとなるのだろうな!!

 

まだまだ手帳の便利な使い方を開発し続ける予定なので、今後も要注目しやがりやがれ!!

☆★☆★☆★☆★ほぼ日手帳関連の記事まとめリンク!☆★☆★☆★☆★

hobo_banner

↓マンガブログ「ネボー!!!」やってるよ!! ↓


TAG index

スポンサーリンク

« »