住職がゆく 日光街道歩き旅01【日本橋〜北千住】

住職がゆく 高田ジューショクの記事

北千住,日本橋

脳が痒い…

脚が疼く…

 

2015年9月某日、加齢による内臓機能低下で引き起こる「お酒をいっぱい飲んだ翌日はなぜかお尻がヒリヒリする病」に悩まされていた私は、「よく分からない土地を徘徊する」という不穏な運動をして健康体を取り戻そうと考えていた。

お尻がヒリヒリする原因は割愛させて頂くが、徘徊するとしたら、もう一度あの道を歩こうと、すぐにある考えが脳裏を過った。

あの道。

そう。日光街道である。


スポンサーリンク

 

日光街道というのは、徳川家康の司令によって開かれた、東京の日本橋から日光まで続く道路の事である。

今から5年ほど前、足立区の綾瀬から日光東照宮まで徒歩で行った経験があった。

しかし、前回は日本橋ではなく足立区からの出発ということだったので、日光街道完全踏破したとは言い切れないのであった。

その事が少し心残りだったというのもある。

それと、日光街道ではなくて、「旧」日光街道を歩く事が目的だったのに、だんだんめんどくさくなってひたすら国道4号線を歩いてゴールしたという、己のいい加減さや心の弱さを克服したいという気持ちも重なっていた。

 

コーヒーカップに沈む黒い豆のエキスを見つめながら、頭をポリッと引っ掻いた。

脳が痒かった。

脚は…疼きを忘れようと動き出していた。

 

◆日本橋

IMG_2213

東京の日本橋にある日本橋に到着。

ここが日光街道スタート地点となる。

空は快晴。9月といえどまだ暑い。

しかし歩くにはもってこいの日である。

 

●三越本店IMG_2217

IMG_2218

三越本店(越後屋)の前を通る。

休日だというのに人間の形をした人々が、キャッキャとはしゃきながら行き交っている。

まさかここから日光まで歩いて行こうなんて考えている暇な人間は誰一人いないだろう。

 

●福徳神社

IMG_2219IMG_2220

ビル街を右に入ると、福徳神社なるものが現れた。

お参りする人を後ろから眺め、すぐにその場をあとにした。

 

●地下横断歩道IMG_2228IMG_2225

地下道を通り、高速道路を抜ける。

ここはとてもひんやりしていて涼しい。

ここで暮らせば家賃もタダだし、クーラーが必要がないのだ。

必要なのはダンボールとブルーシートくらいか。

 

IMG_2232

しばらく単調な道が続く。暑い。

 

 

◆小伝馬町(処刑場跡)IMG_2234

小伝馬町、十思公園に到着。

ここは江戸幕府最大の牢屋があった場所である。

隣にある大安楽寺は江戸伝馬町処刑場でもあった。

ここで処刑された吉田松陰が公園のベンチに座り、こちらを眺めているような視線を感じた。

シカト以外に対処する方法は思いつかなかない。

無関心な現代日本人の冷たさを思い知らせてやった。IMG_2235

◆馬喰町IMG_2241

馬喰町を通過。

 

IMG_2243

とあるビルの表札を発見。

素人の入店お断りだと?

ふざけるな。

素人差別だ! 入れろ! オレサマをここに入れろ!

 

◆浅草橋IMG_2246

しばらく歩き、交差点の信号を渡ると郡代屋敷跡がある。

 

IMG_2247

史跡を眺めるのも歩き旅の興というもの。

が、となりにある交番の警官があくびをしながらこちらを凝視している。

心臓がバクバクするので足早にその場を離れた。

 

IMG_2251

浅草橋の上から撮影。

酔っ払ってここにダイブしてパンツを濡らした人間は過去にどれくらいいるのだろうか。

 

IMG_2252

暑さと退屈さにやられた私は、精神と肉体の乱れを回復させようと、ドトールコーヒー浅草橋店でちめたいアイスこーしーを飲み干した。

浅草橋で飲むコーヒーはとてもちめたかったです。

ここから二股の道を右に行き、国道6号線を歩き続ける。

 

IMG_2260

人形の久月。本社ビルと対峙する私。

ここで髪の毛が伸びる恐ろしい菊人形を作っているに違いない。

 

IMG_2269

バンダイ本社前。

子供の頃、バンダイSDガンダムのカードダスを集めまくっていたダスよ。

私はこの会社に貢いでいたのか。

そのお金でこのキャラクター像がここに立てられたのかと思うと感慨深いものが………

まったくない。

 

IMG_2271

創業200年の老舗、駒形どぜう。

ここはいつも混んでいる。

いつか食いたいが、いつになることやら…

 

 

◆浅草IMG_2275

浅草寺雷門に到着。

人多すぎ。

とはいえ、ここは大好きな場所である。

この後、東武浅草線のガードをくぐり、しばらく歩く。

 

 

●待乳山聖天

IMG_2277 IMG_2278

近くにある待乳山聖天に立ち寄ってみた。

 

IMG_2279

階段を登っていると、階段に突き刺さる謎の羽を発見した。

誰が何のためにこんな事をしたというのか。

あとで食べるつもりでここに入れておいたのではないかと推測している。

 

IMG_2284

この中に入る事ができるらしいので、靴と帽子を脱いで、畳の上に座って休ませて頂いた。

売店で売っている大根を買って、お供え物として捧げなければならないらしかったが、何も知らない外国人のフリをして強気で誤魔化した。

 

◆南千住IMG_2286

しばらく南千住方面へと歩き続ける。

今まで歩いてきた道と比べると、あきらかに雰囲気が違ってきた。

そうだ。

東京最大のディープスポットである、「あの場所」が近づいてきている証拠である。

 

IMG_2291

あの場所。

東京ディープスポット、山谷ドヤ街。

 

IMG_2289

ここに長居していたら確実に命を落とす。

全裸で磔にされ、人喰い族に生きたまま肉を食われてしまう。そんな予感がした。

昼間から道路のど真ん中で酒盛りや立ちションをするドヤ街の住民たちを横目に、足早とその場を去った。

 

けど、みんな優しそうで良い人そうでした。

IMG_2292

IMG_2292_2

 

 

IMG_2295

泪橋を通り、南千住陸橋を登る。

IMG_2296

 

●小塚原刑場跡IMG_2319

IMG_2301

首切り地蔵がわたくしを見下ろし、見下し、蔑んでいるようだ。

ここは小塚原で処刑された罪人たちが埋葬されているスポットである。

天下の大泥棒、ねずみ小僧次郎吉の墓などもあった。

 

IMG_2305IMG_2306

東日本大地震ですごいことになってしまった地蔵様。

今は修復されております。

 

◆千住大橋IMG_2328

しばらく歩くと先ほどの禍々しい雰囲気から一転し、素盞雄神社や松尾芭蕉奥の細道のスタート地点など、歴史の深い地域に立ち代わった。IMG_2332

IMG_2324

◆北千住IMG_2335

いよいよ日光街道徒歩旅っぽくなってまいりました。

IMG_2338

しかし日本橋からなんとかここまで歩いてきたのか…。

ちょっとだけ疲れたよ。

 

●東京芸術センター

IMG_2339

東京芸術センター に入って涼む。

芸術とは縁の無さそうな、やたらとマッチョなメンズたちが出入りしている事に気づく。

なぜならこの施設内にはゴールドジム北千住店があるからだった。納得。

 

IMG_2341

北千住駅前に到着。

 

IMG_2340

日光への道のりはまだまだ続く。

これは序章に過ぎないのである。

重い脚を引きずって、今夜のご飯をどうしようか悩む住職の姿がそこにあった…。

 

つづく。

 

↓マンガブログ「ネボー!!!」やってるよ!! ↓


TAG index

スポンサーリンク

« »