住職がゆく■京都編2日目

住職がゆく 高田ジューショクの記事

kyoto

京都の旅、2日目。

この日は前日と同様、レンタルサイクルに乗って観光地を巡りまくる内容になるということで、お互い同意した。

この旅は気楽気ままな道楽旅行なのではない。

乗車中の坂道は絶対に足を降ろさない、移動中は私語厳禁という、厳しい戒律の元行われる地獄の観光地巡りなのだ。

宿泊先の朝ごはんが美味しすぎてバクバクとおかわりを繰り返し、パンパンに膨れた腹をかかえながら我々は出発をした。

ベラベラと私語をぶちまけながら。

 


スポンサーリンク

 

DSC_0072京都大原の朝。

空気が澄んでいて最高の気分を味わえる。

 

DSC_0075目の前に広がる日本家屋が、私の日本人としてのアイデンティティを刺激する。

 

宝くじで3億当たったら絶対ここに住もうと心に誓った。

 

 

 

DSC_0076バス停へ向かって歩いていると、前方に住職を発見。

もちろん、あれは本物の住職だ。

一体これからどこへ向かおうとしているのか…

昨夜散財したキャバクラでの一件を後悔しながら歩いているに違いない。

 

 

DSC_0082この澄み切った川!

全裸でダイブしてサワガニと戯れたい衝動に駆られたが、人目を気にして全力で我慢した。

 

その後京都駅に到着し、昨日と同じ店で自転車をレンタルした。

しかし借りた自転車がハズレだったらしく、ペダルを漕ぐとキーコキーコと音がうるさい。

ストレスで全身に蕁麻疹ができるかと思ったが、5分後には慣れた。

 

 

DSC_0088伏見稲荷大社に到着。

いかにも最近塗り直しました感のある大門をくぐり抜ける。

 

 

DSC_0094群がる鳥居に群がる観光客が大勢だ。

海外からの観光客も多く、色々な人種の人たちがここへ集まってくるらしい。

 

 

DSC_0100この幻想的な風景に圧倒される。

 

 

DSC_0104二股に別れる。

我々は左手を選んだ。

迷路でもそうだが、左手こすりで歩くのが基本だからだ。

右側を選んでいたら、きっと落とし穴が待ち受けているのだろう。

 

 

DSC_011310分くらいで帰る予定だったのだが、思ったより山道が長く続き、頂上に来るまでにだいぶタイムロスをしてしまった。

脚もめっちゃパンパンやで!

 

 

DSC_0117近道をして帰ろうとしたのが大間違いだった。

裏道を通った結果、このような人気のないワケのわからない地帯に迷い込んでしまった。

どこだここは!

 

そうだ。ここは京都だ。

 

DSC_0120シクシクと涙を拭いながら無言で坂道を登り下りを繰り返す。

もう二時間くらいはここで迷っているんじゃないか…

 

 

DSC_0127なんとか人の群れを発見し、彼らについて行くと中心地みたいな所に出ることができた。

休憩所でひやしあめを買った。

どんなものか試しに買ってみたのだが、48%後悔した自分がそこにいた。

 

 

 

 

DSC_0128だいぶタイムロスをしてしまったが、気を取り直して東福寺へ。

観光客も少なく、あまり人気がないようだ。

 

 

DSC_0135嫌がらせかと思うほどの坂道を自転車で漕ぎ、清水寺へむかった。

京都と言えばここということで、学生やら外国人やらがキャッキャッとはしゃいでいる。

我々も負けじとキャッキャッと下を向きながらつぶやいていた。

 

DSC_0147このアングルから撮影した人間は過去に6,400万人ほどいるに違いない。

わたくしで6,4000001人目ということか。

 

 

DSC_0149丑の刻参り発祥の地と言われる地主神社の五寸釘を拝もうとしたが、どこにあるのか分からない。

「もういいよ」と言われるまで一人で探索しまくったがどこにも見つからない。

誰がどこに隠したというのか…。もう訳がわからない。

 

 

DSC_0154おみやげ屋が連なる通りに出て、お試し用の漬物にバクついた。

どれもこれも買って帰りたくなるほど美味しい。

 

もちろん、何も買わずにその場を後にした。

はい。びんぼーびんぼー。

 

DSC_0158ここは……どこなのか…

 

こっちが聞きたい。

 

 

DSC_0161南禅寺水路閣。

この辺はひんやりとして涼しい。

 

DSC_0163この人達はこんなところで何をしているというのだろうか。

まさか我々を誘惑しているつもりだと言うのであろうか。

もちろんその手には乗らず、この美しい景観を見ることだけに集中した。

 

 

DSC_0167この苔!苔!苔!

ここで団子を頬張りながら熱いお茶を飲んでみたい。

 

その後、哲学の道を通り、今回の旅初めての舞妓さんを発見。

一気にテンションが上がる。

 

 

DSC_0187銀閣寺。

金閣寺に比べると地味な印象だが、ここにはここの良さがある。

 

DSC_0194オシャレ風に斜め撮りになっているが、ノーファインダーで撮影したらこうなってしまった。

オシャレバンザイ。

 

 

DSC_0195日も暮れ始めたので京都駅前に戻り、自転車を返却。

そしてアルコールを大量に買い込んだ。

下町のおっちゃん風な飲みを開始してしまう。

高級ビールで今日一日を清算だ。

 

旅館では味噌鍋をいただき、ゴージャスな夜食にありつけた。

温泉に浸かり…

怪談話をし…

一人トイレで怖くなってしまい…

心霊動画を見ながら酒を飲み……

 

気がついたら寝てしまっていた。

 

 

DSC_0197京都三日目。

朝6時起きで帰り支度。

この旅館は自分で布団をたたむというスタイルなのだが、そっちのほうが気楽でいい。

そして昨日と同じく朝飯をたらふく頂く。

 

DSC_0199部屋の窓から見た眺め。

緑に囲まれ、虫の音が鳴り響く、日本の美を感じさせる素晴らしい景観。

またいつかここに来よう。そう思った。

 

こうして京都の旅は幕を閉じた…

 

 

↓マンガブログ「ネボー!!!」やってるよ!! ↓


TAG index

スポンサーリンク

« »