飲食店放浪記 #07 葛飾区南水元/かどや(中華)

町の飲食店放浪記 高田ジューショクの記事

飲食店放浪記_titleGWまっただ中のお昼時、お腹がグス〜と鳴き出した。

ラーメンでもすすってやろうと、葛飾区南水元のとある商店街へ繰り出してみた。

この辺りは区画整理で地形も少し変わってしまったが、昔の名残はまだまだ残っているのだ。

そして今回は南水元の「かどや」へ向かった。


スポンサーリンク

 

IMG_1490この商店街を東京理科大 金町キャンパス方面に進むと…

 

IMG_1505このようなシャッターの閉まったスーパーがあって…

と、これはただ開店前の姿で、夕方になると活気溢れるスーパーに変わるのだ。

 

 

IMG_1491スーパーの目の前に路地があるので、ここを曲がる。

実は幼少の頃、この近所に住んでいたのだ。

ノスタルジックな気持ちにさせられるなあ。

小1くらいの頃、父親の使い走りでこの酒屋に空き瓶を持っていって換金してもらったり、自販機で買った缶ビールを落としそうになりながら必死に両腕に抱えてたものだ。

 

 

IMG_1492こう見えてもここはちょっとした商店街。

一見、閑古鳥が鳴いているような雰囲気だが…

 

IMG_1503昔は活気あふれる商店街だったんだぞ!

焼き鳥屋さんや雑貨屋さんもあって……床屋もあったようななかったような………

 

 

IMG_1502そんな商店街の奥にポツン…と営業中の「かどや」に到着。

サッシのドアをガラガラ

入店。

 

 

IMG_1495「いらっしゃい」

 

「J」を反転させたような形のカウンター席で約14席。

老夫婦に迎えられ、空いてる目の前の席にトスンと着席。

客が一人もいなかったので貸切気分。

 

 

 

IMG_1493ラーメン450円。

この町の中華屋さんて感じがいいね。

 

とりあえずここはいつもの「タンメン」で!

 

 

 

IMG_1494このシンプルなメニュー表と壁の具合も味わいを感じるなあ。

 

 

IMG_1499弱アルカリ性の冷水機。

ラーメンも全部この弱アルカリ性の水で作っているらしい。

 

 

IMG_1500そして5分ほどでタンメンが出てきた。

 

それでは…

「ボボシュ……ボボシュ………シュボボボボボボボボボボボ………」

 

うん。麺は中細麺で、ちょっと柔らかめのベットリ気味。

 

スープはまあ町の中華屋さんらしい「言わずもがな」な調味料を駆使したあっさりスープ。

やや薄めでおじいちゃんおばあちゃんの多いこの地域らしい味わいである。

 

野菜は細切りキャベツともやしがメインで、柔らかめ。

野菜はシャキシャキの硬めが好きだが、たまにはこうゆうタンメンもよし。

 

 

IMG_1501ズルズル…

とすぐに完食。

んまあなかなかでした。

 

食べてる最中も、近所のおじいちゃんが出前で頼んだ丼を自分で戻しにきたり、下町っぽいやりとりもあったりなんかして和み要素もバッチリ。

水元店はまだ行ったことないので、今度はそっちも行ってみるぞ!

 

近くに一本50円の焼き鳥を売る惣菜屋もあったりするので、ラーメン一杯じゃ食い足りない人はそちらも是非!

 

総評

■価格はやや安め。

■味はあっさりで胃に優しめ。

■小さな商店街の奥にあるので、地元の人間じゃないとまず気付かない立地に店舗あり。

■下町らしい雰囲気で和む。

 

 

東京都葛飾区南水元1丁目26−12

 

↓マンガブログ「ネボー!!!」やってるよ!! ↓


TAG index

スポンサーリンク

« »