無印●品 アクリルダブル定規 15・30cm・クリア

Mr.ディックの記事 文具レビュー

dickjogi_01

おい。

オレサマはMr.ディックだ。

 

風邪のヴァィルスにビビって薄さ0.3mmほどで装着感のシットリした無臭の白いマスクを装着しているオマエは、オレサマのような黒く硬く大きくギンッギンでたくましい肉体を手に入れる努力をしろ。

風邪をひきやすい奴は今すぐ外に出て128km走ってこい。

幼稚園児でもバナナ8房ほど食えば余裕で走れる距離だ。

 

 

dickjogi_02

でおい。

今回のクレームレビューの獲物はこいつだ。

無印●品の「アクリルダブル定規 15・30cm・クリア」だ。

 


スポンサーリンク

 

dickjogi_03

このダブル定規を知らないヤツに説明をするが…

 

dickjogi_04

このようにして定規の両端に刺激を与え、広げることによって、15cm▶30cmに一皮剥けて大きくなる定規なんだ。

これは非常に便利で、なかなかのアイデア商品だと思う。

筆箱に30cm定規が入るなんてすばらしいよな。

 

 

dickjogi_05

が、少し使用していると、この締り具合が緩くなってくるんだ。

 

ポイントは「長く使っていると緩くなる」ではなく、

「少し使っただけで緩くなる」ということだ。

 

緩くとなると30cmに広げて使う時に、定規が折れて「線がグニャ」っと曲がってしまうんだ。

 

ふざけやがって。

オレサマはユルユルなのは大嫌いな性分なんだ。

 

 

dickjogi_06

定規を閉じると、このように先端が食い込むようなしくみになっており、定規が開きにくいように工夫がされているんだ。

 

dickjogi_07

断面から見るとこういった具合だ。

 

 

dickjogi_08

が、このロックシステムも「ほんのすこし」使っただけでその意味をなさなくなる。

くっぱくぱじゃねえかこのフニャチン野郎。

鍵をかけ忘れた南京錠みたなものじゃねえかハゲが。

 

 

 

 

dickjogi_09

そしてこれは酷い。

 

定規の目盛りがツルツルになって消えてやがる。

しばらく使っていればこうなるのは仕方がないが、この定規に関しては消えるのが早すぎんだよクソボケが。

 

これじゃ定規というかただの原価20円くらいの棒じゃねーか。

 

どんだけ質の悪いインク使ってるんだこのバカちんがぁ。

 

 

しかもこの数字の下にある「穴」はなんだ?

コンパス代わりにもなるとでもアピールしてんのか?

ちょっと無理があるだろこれ?

オレサマにはただの穴を開けて軽量化を図った肉抜きミニ四駆にしかみえねーんだよ。

 

 

 

 

オレサマはこういったペロペロになめきった商品をみつけるとムショーにハラショーな遊戯をしたくなる性分なんだ。

 

 

 

 

「ガシッ シュパッ シャキン!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dickjogi_10

今日はもう家に帰らせてもらうぞ。

じゃあな。

 

 

 

 

 

 

Blue sky with clouds and sun may be used as background

 

 

 

 

 

↓マンガブログ「ネボー!!!」やってるよ!! ↓


TAG index

スポンサーリンク

« »