「激辛チゲ風で衝撃の辛さ!」カップヌードル レッドショックを食すぞ

日常生活 飲食レビュー 高田ジューショクの記事

redshock_01_kai

日清より2/4に発売された「カップヌードル レッドショック」を食べてみたぞ!

だんだん辛くなっていくという「あったかHEAT UPメニュー!」シリーズの第三弾という事だ!

 

レビュアーは元・激辛料理チャレンジャーの赤いとんがらしスパイシー高田だ!

三度の飯より辛いものが大好きなそこのドMなチゲ野郎は顔を真っ赤にして読んでくれやがれ!

 


スポンサーリンク

 

redshock_02

「※辛味による刺激が強いので、飲食には十分ご注意下さい。」

この注意書きが激辛料理愛好家のハートを鷲掴みにする!

が、万人受けを狙う日清のカップヌードルシリーズなので、さほど辛くないだろうと予測。

 

 

redshock_03

 

開封してみるとこんな感じだ!

いい具合に赤い唐辛子パウダーが配合されている!

こりゃたまらん!

 

さっそくお湯を投入し、容器の半分まで入れた時点で気付いた。

 

 

「お湯が半分しか無い!!」

 

 

右手左手右足左足を高速に動かし、無印良品のケトルで高速沸騰。

無事、お湯を規定のラインまで満たす事に成功した…!あぶねー!

 

カップラーメンは「お湯を入れて3分」が原則だが、3分待つ派と2分待つ派、もしくは1分派や5分派、猫派犬派という人間に分類されるだろう。

著者の場合、「2分36.6秒派」である。

 

 

 

 

redshock_05

 

待つこと2分36.6秒。

真っ赤なスープとご対面!!

ウヒョー

 

 

 

redshock_04

 

「どうれどうれ…」

実食。

「ズボボボボボブギュルルルルドボボドボンドボンプルルルルプシ〜〜〜〜」

 

 

 

…あれ?

 

あんまり…辛くないぞ!!

とまあ、予想していた通りの辛さ加減であった。

激辛!というよりも、旨辛系のラーメン。

辛いものが苦手な人でもなんとか食べられるレベル。

 

味噌ベースに辛味やガーリックの風味が乗った感じだろうか。

 

redshock_06

 

この謎の肉は、現在のカップヌードルに入っているコロチャー以前に使われていたもの。

ボサボサした食感が懐かしい!

 

 

redshock_07

 

完食。

味はぼちぼちといったところだ!

 

食べ終えた頃には、うっすらと顔に汗が滲んでいる。

そしてポカポカとして身体が温かい!

4kmほどジョギングしたくらいの温かさである!!

 

 

以上、カップヌードルレッドショックレビューだ!

ヒートテックの人工繊維で太ももがカブれてしまう皮膚弱者のキミは「カップヌードル レッドショック」を食べて身体を温める事をおすすめする!

 

 

総評

■激辛とうたっている割には大して辛くない。辛さ的には★★☆☆☆

■身体が温まるので寒い部屋で食ったら尚おいしく感じそう。

■この手のラーメンは期間限定ですぐに買えなくなってしまうので、食べられるうちに一度くらいは食べてみてはどうだろうか?

 

 

 

↓マンガブログ「ネボー!!!」やってるよ!! ↓


TAG index

スポンサーリンク

« »