2012年 映画77本ノック ベスト10発表

映画77本ノック

昨年の9月半ばから12月末までの3ヶ月半の間に77本の映画を鑑賞し、その感想をこのブログに載せてきた。

レビューの最後に点数を付けていたが、あれは記事を書いている時の「気分」で付けていたので、ある程度の時間が経った今となっては正確な評価とは言い難いのである。

ということであの点数をアテにせず、今の気持ちを正直に受け止め、ここで77本観た中のベスト10を発表したいと思う。

それと、過去に観た事のある作品(二度以上観た作品)は対象から除く事とする。

あくまでも初見の作品のみ。

 

こうゆう統括は通常年末に行うものなのかもしれないが、わたくしめのポンポンが不調だったため、新年を迎えた現在こうして発表する形となってしまった。

そんな話はどうでもいいんだ。

 

それでは映画77本ノックベスト10の発表だ!!

 


スポンサーリンク

 

 

 

第10位

【おろち】

 

041_orochi

 

漫画原作作品とあって、期待せずに観始めたらけっこう面白くてしてやられたわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9位

【自虐の詩】

 

056_jigyakunouta

 

くどい位のちゃぶ台返しにイラッときたが、途中からの人情劇に涙をホロリと落としてしまったわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第8位

【スミス都へ行く】

 

061_sumisutoheiku

クラシック映画なのでどんなもんかと思って見たらかなりの名作だった! こうゆうのが良い映画なんだな! なめてたわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第7位

【スマグラー お前の未来を運べ】

 

048_sumagrar

 

これも漫画原作ということで期待はしないという期待を持って鑑賞した結果、期待を裏切られたわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6位

【スーパーの女】

 

053_surpernoonna

 

泣くようなシーンでないところで泣かされてしまった怪作!マルサやミンボーも好きだったがこの作品もやばいぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5位

【デッドゾーン】

 

022_deadzone

 

予知能力というありきたりな題材なのにどうしてこんなに面白いのか! 作品全体に漂う哀愁感は最高だった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4位

【ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女】

 

068_mirenium1

 

スウェーデンのオリジナル版だ! ストーリーも良いがリスベットというキャラクターが魅力的だったな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3位

【スラムドッグ$ミリオネア】

 

010_slum

 

しっかりとエンターテイメントしていて、普段見慣れないインド人達の映画ということで新鮮だったな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2位

【ドラゴン・タトゥーの女】

 

067_doragon

 

こちらはハリウッド版の方だ! やはりリスベットの個性が光っていて、映像的にもかなり好きだったな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位

【ヒミズ】

 

050_himizu

 

堂々たる第一は……ヒミズだ!!

これもまた漫画原作ということで期待はしていなかったが、予想を上回る良作でジーンときてしまったぞ!!

園子温監督の感性と二人の若い役者の演技が素晴らしすぎたな!!やられたわ!!

 

 

 

 

ということで以上ベスト10である!

 

固定観念や食わず嫌いの精神を捨てて、興味なさそうな作品でも思い切ってドーンと観てしまえば自分の抱いていたイメージなんてコロッとひっくり返されてしまうものなのだと痛感した!

何事もやってみなければ分からないという事だな!!

 

 

今後の映画レビューはどうしようか考え中だ!!

が、こうしたベスト10形式で何かもっと発表していきたいな!!

 

↓マンガブログ「ネボー!!!」やってるよ!! ↓


TAG index

スポンサーリンク

« »